FC2ブログ
 
 
 
 

鳥と花と自遊に

五感をとぎすまし、自然と遊ぶ!

 

 

[Admin]
2019
08/14
ふるさとの森Ⅱ
ふるさとの森、夕方になってコノハズク動きがありました。
巣箱下の地面に、危険生物を確認したコノハズク、
そのまわりを移動しながら、羽を広げて威嚇していました。

 0G7A9065コノハ

今にも 雨が降り出しそうな天気、暗いブナの森でのコノハズクの動きを
観察できたのは、ラッキーでした。

0G7A8836コノハ

いつもは、昼間のコノハズクはほとんど動きがありませんから
0G7A9752威嚇

思うようなコノハズクが撮れないと、関東湘南から4回も通っていると
言われていたカメラマンもいらっしゃいました。

0G7A0021コノハ

そのカメラマンは、このコノハズクを動きを撮れて、
もう、来なくていいと、満足されていました。

0G7A9318羽B

この日の夜は、雨と雷で ワンショットを撮って早々に退散しました。
0G7A4204エサ
2019
08/12
5年ぶりにふるさとの森へ
今年の7月はいつもの年より気温が低く、出かけるのに良い機会と思い
ふるさとの森へ出かけてきました。
 
 ふるさとの森に、私が出かけたおりには、アカショウビンは巣立ち前に
雛たちがだめになったと、聞きました。

 コノハズクは2組営巣していましたが、親を観察できたのは1組だけでした。
コノハズクに出会えたのは、6年ぶり3度目の出会いでした。

 到着した日は、曇り。 薄暗いブナの森で、コノハズクは遠くから見守っていました


0G7A0124コノハSS

ふくろうが5.60センチ、コノハズクは20センチと小さいです。
 
 オスがいちどだけ姿をみせてくれました。
オスは普通の色でした。 生まれる雛はハーフになるのでしょうか?↓

0G7A8527雄

夕方になって、コノハズクに動きがありました。
巣箱の下、地面に危険生物を確認したらしく、巣箱の近くに飛んできました。

巣箱は道路脇に設置してありますから、至近距離で観察することに。↓

0G7A9555コノハ

0G7A9522コノハ1978

少し明るいところに移動したコノハズクです。
 この日は、100-400ミリのレンズで撮っていましたが、一緒に撮っていた高知から来たと
言われたカメラマンが4・2.・8のレンズで撮らせてくださいました。
やっぱり解像度がちがいますね。暗い森も明るく撮れます。↓↓

AM6U3991松S19
2019
02/26
シマフクロウ
シマフクロウ、雪の川に掘られた穴から 餌を捕っていました。

シマフクロウ00S

シマフクロウ01S

シマフクロウ02S

シマフクロウ03S



2019
01/26
雪景色のなかのオシドリ
この日は雪景色のなかで オシドリを観察できました 2013年
オシドリ2013

オシドリ0cf

オシドリ19
2019
01/07
オオワシ
 2012年2月に流氷上の飛翔するオオワシを観察できました。
船上から、至近距離で観察するオオワシは迫力ありました。



oowasi717.png


オオワシ0

 » HOME »  Next